- 2. interviews

Interview vol.3

『モルダウ・デイスクは独創性を求める自由なレーベルだからね。詩集や映像なども発表したいと思っている』

■かしぶちさんは『LIVE EGOCENTRIQUE』に続くモルダウ・ディスクの作品として『つくり話』を発表されましたが、アーカイブス・シリーズの第2弾に当たるこの『つくり話』は、どのような意図のもとに選曲を行なったのですか?

「前作では『今日が雨の日です』が代表曲だったように、今回自分の中では『つくり話』が当時を振り返るともう一つの代表曲だったわけです。録音もラジオ栃木のスタジオだから、音質も良い。これがトップ(1曲目)にふさわしいなと思って。他の曲は自分の中でも珍しいテイクって感じですね。『僕は死んだ』『ハバロフスク〜美しき来訪〜』『昼下がりのバラード』は全部一人で多重録音しているものなんです。こうして見ると、あんまり明るい曲ないんですね(笑)。『マーシャス号』は弟と二人で演奏した。これ、冒険活劇もので面白い曲ですよ」

■そう、児童冒険小説風な内容の詞ですね。

「少年漂流記みたいだね。実際、ボーイスカウトに入っていたから(笑)。中学の頃、よく友達とキャンプに行ってた。主人公は少年のはずなんだけど、船にお酒を積み込むシーンも(笑)。4曲目は『ハバロフスクを訪ねて』この時点ではもちろん詞なんかついていない。それも当然で、そもそもインストの曲でしたから。これが後にムーンライダーズで演奏することになるんですね」

■この頃作った曲を後にムーンライダーズのアルバムに提供することにしたのはどういう理由からですか?

「歳を重ねていくことによって曲が増えていくじゃないですか。そういったストックの中から、ムーンライダーズのアルバムにふさわしい楽曲があれば、そっから引っ張り出すってことはありますよね。だから楽曲を提供する時には、例えばスケッチだけを取り出して、新たに手を加えたり。この中にも、アイドルの原型になった曲もあるし」

■それはどの曲ですか?

「『つくり話』は後に(プロになってから)アグネスに提供しましたね。歌詞なんかも違いますけど。曲も多少変化している。アグネスの方はメロディがもっと複雑に絡んでくる感じです。録音時にアレンジして手を加えましたからね。『ハバロフスク〜美しき来訪〜』が『ハバロフスクを訪ねて』の原型だとしたら、こっちはアグネスに提供した曲の原型なんです」

■かしぶちさんにとっては、核となるアイデアに、その時々でふさわしい衣装を着せたという感じですか?

「その通り、そういうことですね。だから今の僕がこれらをリメイクしても面白いかも知れません」

■この頃の曲を今聴き返してみて新たな発見はありましたか?

「メロディがコード進行などにとらわれていないので自由な感じですよね。予想のたたない展開がある。今はキーボードの前に座って"曲を作るぞ"って構えたりするけど、この頃は自転車に乗って作ってましたから(笑)。発想が新鮮であるとか、楽典にとらわれないとか。平気で転調するしちゃうしね。時代とツールが違うのは当然だけど当時の曲作りは何かユニーク。ビートルズの影響もあると思う」

■『今日は雨の日です』と『つくり話』はジャケットでのアートワークの雰囲気が統一されていますが、これもかしぶちさんの意向によるものですか?

「はい、僕の方からデザイナーさんにシリーズなので雰囲気を変えてくれるなと。モルダウとしてシリーズ化を意識しました。曲名は当時の手文字をそのまま使っているし、イラストも60年代、当時描いたやつですしね、こだわるでしょ(笑)」

■こうして作品を3枚出してみて、かしぶちさんはモルダウ・ディスクにどのような感想を抱いていますか?

「これまでのモルダウは"アーカイブス・シリーズ"や"ライブ盤"など、過去の音源をCD化するレーベルというイメージが強かったけど、今後は、新作やコラボ的な作品等も企画して行く予定です。少しずつ間口を広げてね。勿論"アーカイブス・シリーズ"はこれからも続けていくつもり。音源、まだ沢山あるしね(笑)」

■これからもマイペースで活動が続いていくわけですね。

「これはもう、当然かな。モルダウ・デイスクは独創性を求める自由なレーベルだからね。詩集や映像なども発表したいと思っている」

Interview vol.2

『エゴであっていい。それは重要であり象徴的な言葉だから』

■前回はかしぶちさんの高校時代のお話をうかがったので、今回はかしぶちさんの高校卒業後の歩みと、モルダウ・ディスクのお話を中心にお聞きしたいと思います。

「親父が建築家だったので、美大の建築科をねらったんだけど、浪人してね。それで渋谷で弾き語りのアルバイトを始めまして。だめだよね、そんなの(笑)」

■弾き語りのバイトを始めた理由というのは?

「その頃、手軽にすぐできるバイトっていうと喫茶店の皿洗いぐらいなもので。だったら特技をいかしてギターを弾いて歌うほうが楽しいかなと思って」

■どういうお店で弾き語りをしていたんですか?

「渋谷のお店(「青い森」)だったんですけど、みんなが飲んだり食べたりしているところの隅っこで弾いてるっていう。今で言うところの、ホテルのバーやラウンジとかで歌ったりするスタイルに近いですね。で、そういう場所だから、自分のオリジナルをやってもお客さんには当然分からないわけ。だからみんなが知ってるポピュラーソングをやらなくちゃいけなくて、僕はビートルズばっかり。でもそれもまた煮詰まるもんでね。それである日、支配人に黙って自分の曲を歌ったの。そしたら説教くらって、すぐクビになっちゃいました(笑)」

■『今日は雨の日です』や『つくり話』を聴いて、既にこの頃からかしぶちさんの世界観が確立されていたことに驚いたんですけど。

「そうですか。自分で聴いても、その辺は面白いかな、と思いましたね」

■かしぶちさんがそうやって弾き語りをしていた頃というのは政治的メッセージを歌に込めるタイプのシンガーソングライターがたくさん出現した時期だと思うのですが、かしぶちさんはあくまでも個人的世界観を歌にされていますよね。

「当時、そういった弾き語り的なものだとボブ・ディランに代表される、言葉で直接的に政治批判をするシンガーもいたし、逆にドノヴァンみたいにメロディーを重視した、ちょっと斜に構えたシュールな部分を持ったシンガーもいましたよね。だからどっちかっていうと、サウンド重視の僕はドノヴァン派だったのかもしれない。社会派というよりはシュール派(笑)。ストレートじゃないんですよね、ようするに(笑)」

■その後かしぶちさんはプロのミュージシャンとしての道を歩んでいくわけですが、ここにきて、アマチュア時代の音源をモルダウ・ディスクで作品化していくことにしたのはどういう理由からですか?

「こういうものをいつか発表するっていう発想は、ずっと頭にあったんですね。でも作品の性質上から、それを発表するとしたら、自分のレーベルからでしかありえないことだと思っていたんです。そういう形で制作を始めて、レーベルを大きくしていって、新作なんかも作れるようなレベルにアップしていけたらいいかなって」

■それが、レーベル・カラーとして手作り感を大事にしている理由なわけですね。

「モルダウ・ディスクの性格上、最初からバーンて派手に打ち出すんじゃなくて、徐々にやっていけばいいわけですよ。それで徐々に浸透できればいいかなって。だから『今日は雨の日です』を出した時、これは単発で終わりじゃないんだっていうことを示すために"アーカイブスvol.1"って表記を入れたわけです。『今日は雨の日です』についてもう少し詳しく言うと、2002年9月28日に代官山クラシックスでライヴをやった時に200枚限定で作ったんです。そうしたら会場と通販である程度、枚数がはけて、すぐに売り切れちゃったんです。その後、再プレスしましたが、今はソールド・アウトなんです」

■で、それに続いてアーカイブスvol.2が登場するかと思いきや、かしぶちさんがモルダウ・ディスクの第2弾作品として企画したのは、1997年から2002年までのソロ・ライヴの音源をまとめた『LIVE EGOCENTRIQUE』だったわけですが。

「実は『今日は雨の日です』と『LIVE EGOCENTRIQUE』って、違うようでつながっているんですよね。古い音源とライヴ音源が私の家にいっぱいあるわけですよ。(ソロ・ライヴは)もう 30回ぐらいやってるから、現場でライン録りしたテープが30本ぐらいたまってきたわけ。なのでライヴ音源のほうもまとめておくのも自分の仕事じゃないかと。自分がやらないと誰がやってくれるんだってことですよね(笑)」

■ということは、収録されているのは、いずれライヴ・アルバムを作ろうと思って録音した音源ではないと。

「だから(アーカイブス・シリーズと同じで)後から考えたのね。当初から考えていればプロトゥールスとか機材を入れてキチッと録音するじゃないですか?後での発想だから、(録音した音源は2Chで固定されているから)直しがきかない。試聴していて、ヒヤヒヤもんでしたよ(笑)」

■選曲はどういう意図のもとに?

「初のライヴ盤ですよね。だから代表曲と、あまりみなさんが聴いてない曲(他のアーティストに提供した曲など)と、カヴァー。その三要素で構成するのが、バラエティに富んでいて美しいかなって。だからマスタリングは苦労しましたよね。音源(収録場所の音質)が全部違うからね。A-DAT、8Chぐらいで録っておけばこんな苦労もなかったんでしょうけど」

■それだけ苦労してまとめただけのことはある内容になったわけですね。

「そうですね。これも自分のレーベルならではの仕事だと思うんで、やっといてよかったなと思います」

■タイトルに使用されている"EGOCENTRIQUE"(エゴサントリーク)って、どういう意味なんですか?

「フランス語なんですけど、"自己中心的"っていう。ようするにエゴイスティックな音の塊ってことですね。ソロ・ライヴ自体、ほとんど自分一人(時にサポート・ミュージシャンを加えた形もありますが)でやってるわけだし、エゴであっていい。それは重要であり象徴的な言葉だから」

Interview vol.1

『モルダウのアーカイブス・シリーズはデモテープ集ではない。その当時の完結した作品たち、なんです』


■かしぶちさんが自分で曲を作って歌い始めた頃というのは、将来プロのミュージシャンになってそれを発表したいという思いはあったんですか?

「ないないない(笑)。ミュージシャンになろうって気持ちは更々なくて、ようするにビートルズに憧れていたんですよ。60年代というのはビートルズの登場によって、ああいう風に自分で作って演奏して歌うという表現ができちゃうんだなっていうのを感じた時代じゃないですか。それまではクラシックだったりジャズだったり、日本の歌謡曲だと美空ひばりさんとか、音楽っていうとプロの音楽家がやるもんだっていう意識があったけど、ビートルズの出現で"なんだ、僕らもやる気になりゃできるのかな"っていうことを学んだわけですよ。それで、(自分も)作曲してみよう、演奏してみよう、人前で歌ってみようって気持ちになったんです。で、作ったとなると、それを残しておきたくなりますよね。それが『今日は雨の日です』や『つくり話』に入っている音源なんですよ」

■その頃というのは、もうテープ・レコーダーは一般家庭に普及していたんですか?

「いや、まだオープンリールだけで、それも高価な物でしたね。でもたまたま、家にポータブル・オープンリールっていう3.5インチの一番小さいリールしかかからない小さいテープ・レコーダーがあったんです。その時代って、音楽を録音するっていうよりも会話を録音したりとか、そういうのに主に使ってたんで、マイクなんかも小さいんですよ。だから『つくり話』のインナーにも書いてあるけど、一台だと当然、多重録音できないわけで、もう一台どっかから借りなくちゃいけない。それで近所にお金持ちの家があって、親同士が知り合いだったのかな。そこにあるってのが分かって、度々借りにいったんです」

■その家の人も音楽をやられていたんですか?

「その方はね、代議士かなんかで、主に演説用なわけ(笑)。でも7インチも使える機種で、ディレイ機能付だったんで、サウンドが豊かになったんですよ」

■多重録音を繰り返して制作したということは、単に音のラフなスケッチを記録するのではなく、完成した音世界を作ろうという意図が最初からあったということですか?

「もちろんラフなスケッチの記録もたくさんありますが、当時は作品を残すことに執着していましたね。デモテープってあるじゃないですか?プロになってから作るやつ。あれは最初からレコード会社のディレクター等に聴かせるためのもので、この頃はそういった発想では作っていなかった。自分の楽曲をなるべくイメージ通りの音で残しておきたかったという感じです。ですから多重録音を繰り返して、ちまちまと時間をかけて作っていったわけ。オリジナルの模型作りと同じ感覚」

■つまり『今日は雨の日です』や『つくり話』は、決してデモテープ音源を集めた作品ではないわけですね。

「そこは一番区別したいところですね。モルダウのアーカイブス・シリーズはデモテープ集ではない。その当時の完結した作品たち、なんです」

■みうらじゅんさんは、高校時代に自分で作った歌をテープに録音し、それに自作のライナーノーツをつけて友達に送ったりしていたそうですが、それに近いものがありますよね。

「僕もそれやってた(笑)。テープ・リールの箱に帯までつけてさ。そこに"遂に発売!待望のデビュー・アルバム!!"ってコピーを書いたりとか(笑)。あと、ジャケットも自分で絵を描いたりして。で、一本作るじゃない? そうすると、その時つきあってた女の子にプレゼントしちゃうわけ(笑)その辺、まったくジョークだよね」

■男友達には?

「一緒に作った連中と何回か聴いて、それで終わりかな。弟もいろんな曲で参加してくれてますが、音楽の話しなど真面目にしたことない。一晩中ストーンズを歌った憶えはあるけど。弟も曲を作っていたんで逆に彼が録音する時には僕が手伝った。とにかく曲が溜ったらみんな家に来てくれ、みたいなノリでしたね。あと、(『今日は雨の日です』と『つくり話』に収録されている曲で)音質が特別いいのは、地元のラジオ局のスタジオで録ったものですね」

■"ラジオ栃木スタジオ"ってクレジットがある曲がそうですね。「今日は雨の日です」と「言葉、失くして」と「つくり話」。これはどういう経緯で?

「60年代後半には"若者の広場"みたいな、そういう若者向けの番組が多くあったんですよ。そこに作品を送ったりして採用してもらって、ラジオ局のスタジオで録音させてもらえたんです。わりと簡単に」

■で、それが番組で放送されると。

「そうそう。アナウンサーが"今日はどこそこの高校のかしぶち哲郎君の作品です"って紹介して、録音した曲が流れるわけ。余談ですけど、「今日は雨の日です」って曲はサンケイ新聞の作曲コンテストに出したんですよ。1969年だったかな、テープと楽譜を送って、それで入選したの。1位になるとそれがレコード化されたんですけど、私の場合は2位だったので、賞金で終わり(笑)。賞金の額は1万円ぐらいだったかな。録音に参加してくれた友達と焼き鳥食べて終わっちゃった(笑)」

■そのように評価されたことが、将来プロのミュージシャンとしてやっていこうという自信につながったりはしましたか?

「励みにはなりましたね。もっと聴いてもらいたいという気持ちがなんとなく。新聞に大きなスペースで顔写真と楽譜まで載っちゃって。でもまだそこでも、将来は音楽家でやっていくぞ、なんてことは夢にも思わなかったですね。ラッキー、ぐらいの感じで」